ワンステップ 排卵検査薬

日本製と比べて検査のチャンスが4倍になります

今、海外製の排卵検査薬の利用が増えているみたいです。
妊活中、ベビ待ちママさんのブログなどを閲覧してみると色々と参考になるものがありますが、海外製の排卵検査薬を使っているものも多く見かけます。

中でも人気なのがワンステップ排卵検査薬ですが、
他にも、世界的に評価の高いクリアブルーイージー(簡易版orデジタル)、中国製だけど安くて人気のWondfoやDAVIDなどもあります。

海外製排卵検査薬の中では、ワンステップ排卵検査薬が価格の安さなのに対しクリアブルーは、その性能が優れているのが分かります。上位モデルの測定器となると、LHホルモン以外に卵胞ホルモン(エストロゲン)も同時にチェックする事で最大5日前予測が可能なようです。

それにしても、なぜワンステップ排卵検査薬が人気となっているのでしょう?

その理由は、安いこと!(キッパリ)
お金の負担が少ないのは、何よりも大きいと思います。それに、日本だと通販できないのもネックです。海外経由なら個人輸入扱いになるので、薬事法でも問題なく購入できてしまうのです。

特に検査薬なんて結果がわかれば、それっきり。
使い終わるのは一瞬ですから、あまり高いのを何度も使うのは、さすがにためらいがあります。

日本製の排卵検査薬であるドゥーテストやチェックワンは、1本あたり400円以上。
そんなにするのに、結果を見てすぐゴミ箱行きは、ちょっと勿体ない・・・。
それに、検査がエラーとなったら、その瞬間に400円損した感じがして嫌ですね。

それに対して、ワンステップなら1本あたり100円以下。
日本製の排卵検査薬で1度の検査チャンスが4倍になります。

失敗しても負担が少ないのは、金銭的にも気持ち的にも大きいです。

購入はどの通販サイトで可能?

ワンステップを購入するには、メーカーであるドクターズチョイスの直営店(ビューティーアンドヘルスリサーチ・妊娠お助け隊)から行えます。

今では、世界50カ国以上に販売する体制が整っているという事で、日本に限らず世界中の色々なところで通販できるメリットは計り知れません。

実際に有るかは、別として…。笑

それにしても、ワンステップ排卵検査薬は、日本でも人気が高いそうです。
なぜなら、単価が100円以下と格安だからです。しかし、日本の産婦人科で処方してもらったり、調剤薬局で購入したりすることはできないのがやはり大きな理由でしょうか。

ワンステップはアメリカ製の排卵検査薬ですが、日本では未認可。
それに、ここまで安いと他の製薬会社からクレームが来そうですから難しそうです。結局、個人輸入を介して購入することになるみたいですがそれで良いと思います。

単価が100円もしないなら、個人輸入という手間があっても買いたい人は実際に多く居ます。

しかし、アメリカ製となると、説明書も全部英語で書かれているのかという疑問が出るものです。
英語が苦手な私もそうなると読める気がしません。もちろん、今の時代はネットで使い方を調べることもできますが、それはそれで面倒ですね。

そこで、ワンステップ排卵検査薬の個人輸入に関して調べたところ、ドクターズチョイス直売品なので日本語説明書付きで購入できます。日本語説明書が付いているだけでなく、輸入代行を15年以上行っている大手サイトなので品質や安全性も保証されていますから、一石二鳥だと思います。

安いので気兼ねなく多めに使える

排卵検査薬を適切に使うとなると、まずは自分の生理を把握しておく必要があるみたいです。なぜなら、排卵検査薬で検査を始めるタイミングの日は、自分の生理周期や次の生理開始予定日が分かっていないと、特定することができないからです。

一応、生理が終わって11日後が目安とされているそうですが、それはあくまで生理が安定している人限定とのこと。

となると、まずは生理を記録する所から始めなければいけないのでしょうか?

それはそれで、かなり面倒ですよね。半年くらい記録を蓄積しないと、正確な日数ははかれないそうですから。そうかと言って、大体で使い始めると、1箱に7本とかしか入っていない日本製排卵検査薬の場合、濃い陽性反応が出る前に尽きてしまう危険性も高いと思います。

そこで、毎日のように使える排卵検査薬を探してみたところ、ワンステップというのが良いと分かりました。

なんでも、このワンステップ排卵検査薬は、単価が100円以下で、個人輸入サイトで20回分、50回分、100回分などとある程度まとめ買いができるため、毎日使っても経済的負担は軽く済むのとのこと。

確かに、この安さならケチケチして使う必要もありませんし、排卵日を確実に特定できるメリットの方が断然大きいですよね。

ワンステップを初めてなら20回がオススメ

海外製の排卵検査薬でも人気のワンステップは、まとめ買いが基本みたいです。一番少ない量でも、20回分のセットでした。ちなみに、その場合でも単価は100円ちょっとなので、送料込みでも、一箱に7本(ドゥーテストなど)とか5本(チェックワンなど)とかしか入っていない日本製排卵検査薬より、大分安いそうですが。

ちなみに、ワンステップは20回分の他に、50回分、100回分、200回分などのセットが売られていて、多くなるにつれて単価が安くなるという仕組みみたいです。

具体的には、100円から80円くらいまで下がるとのことでした。それなら、最初に100回分とかどばっと買ってしまった方が良いかな、と個人的には思いました。

排卵検査薬で排卵日を特定して、タイミングをはかって性交渉をしても、見事妊娠できるまで、正常な体質でも半年から1年は覚悟した方が良いみたいですから。しかし、そのように最初からどばっと買ってしまうと、後で損をしてしまう危険性もあるみたいです。

なんでも、黄体ホルモンの分泌量が少なかったり多かったりする体質の場合、ワンステップ排卵検査薬では感度が足りず、適切な結果が出ないのだとか(ずっと陰性だったり濃い陽性だったりするみたいです)。

そのため、少なくとも最初は様子見のため、20回分を買うのが安全とのことでした。

CONTENTS