妊娠しやすいタイミングとは?

精子の準備と卵子の受精可能時間が重要

女性の身体は、排卵日に最も妊娠しやすい仕組みとなっているそうです。しかし、妊娠しやすいタイミングと、性交渉をすべきタイミングは、微妙に違うそうです。具体的には、排卵日の24時間程前に性交渉は行うべきなのだそうです。

なぜなら、精子は射精されて数時間の間は、自由に動き回って受精する機能を有しておらず、その機能が備わるまでの間に、卵子が受精できなくなってしまうからです。

性交渉のベストタイミングは、排卵日の24時間前であることは分かったのですが、その時点であることはどうやって知ることができるのでしょうか?

基礎体温を記録するオギノ式を利用した場合、排卵日の直前に体温がガクリと下がることから分かるそうですが、そこまで明確に知ることができるようになるまでは、何か月も記録を蓄積させて、尚且つ生理が安定していなければいけないため、なかなかにハードルは高いと思います。

しかし、最近では排卵日検査薬というもっと簡単な方法もあるんです。なんでも、これを使えば24~36時間前に排卵が起きることを知ることができるため、確実に妊娠しやすい性交渉のタイミングをはかることができるそうです。

生理が不安定でも、海外製の安いのを買えば、毎日のように検査することもできるそうなので、私も是非試してみたいです。

CONTENTS