使い方も簡単で時間もかからない

浸してチェックできるので焦らなくて良い

排卵検査薬って、なかなか上手く使うのが難しいみたいです。

まず、尿をかける際に、検査器には専用の窓みたいな所があるのですが、またその部分が小さかったりするため、上手く当てるのが難しいことも多いみたいです。

また、上手く当たっているかよく見えず、尿をかける秒数がオーバーして測定不能となってしまい、せっかくの検査器を無駄にしてしまうこともあるのとのこと。

私は、スティック形式の尿検査でも苦戦したので(紙コップに尿をとって入れるタイプではなく、直接尿筋に当てて採取するちょっとハイテクなタイプです)、多分この形式の排卵検査薬も上手く使えないと思います。

そこで、もっと使い方が簡単な排卵検査薬を探してみたところ、私のような人間にはワンステップというのが良いとのことでした。

なんでも、このワンステップ排卵検査薬は、試験紙の形となっているため、別途何かの容器に尿を採取して、そこに浸すという使い方をするそうです。

これなら、規定の秒数を超えて尿に浸してしまったり、上手く尿を採取部分に採れなかったりというトラブルは避けられそうです。私には、このお馴染みの尿検査のやり方に近いワンステップの方が絶対向いていると思うので、いざという時はお世話になることにします。

CONTENTS